貸倉庫を活用する前に要必読【内覧してから決めるのがポイント】

記事一覧

手軽に倉庫を設置する

コンテナ

恒久的に使える

手軽に倉庫を設置する方法としてはプレハブ工法によって作られるものが知られます。現実に倉庫の多くはこれらの仕組みで作られていますが、分類としては軽量鉄骨構造であり大規模なものであれば通常の建物を建てるように作り上げていく必要がありますし小規模なものでも組み立てる必要があります。このため簡単な方法とはいいがたいものです。一方でより手軽に倉庫を設置するのであればコンテナを利用する方法があります。コンテナは荷物を運ぶために作られた規格化された鋼製の荷室のことです。コンテナ船や鉄道に載せることを前提としているため頑丈に作られているのが特徴です。またトレーナーに搭載して輸送することをも前提としているのでトレーラーが進入できる場所であれば設置することが可能です。コンテナは専門の業者が販売していますが、販売されているのは倉庫として使われることを前提としたものやガレージなどとして使われることを前提としたものなどがあります。また改造を前提としたものも販売されており、オリジナルのコンテナ倉庫または建物を作ることができます。販売しているものには建築確認対応のものもあるので、法律にも対応できます。国内で販売されているコンテナは主に倉庫として使われますが、事務所や店舗、また住居として使うことも可能です。頑丈な鋼製ですので基礎部分と屋根を付けるなど腐食する部分をしっかりと作っておけば恒久的に使うことができます。

RECOMMEND POST

ダンボール

トランクルームの使い方

ハローストレージはトランクルームを扱っていますが、「トランクタイプ」と「コンテナタイプ」とに分かれています。屋内型と屋外型で、どちらも24時間出し入れ自由となっています。両者の使い方の違いについてご説明します。

倉庫

法人も借りる時代

都心の企業で貸し倉庫を借りるなら埼玉です。身近な場所に大切な書類などを預けて、緊急時にいつでも出し入れができること、防犯防災の体制ができていること、大量に預ければコストが抑えられるなどメリットは大きいのです。