貸倉庫を気軽に利用できる【防犯面の確かさなどを確かめる】

記事一覧

トランクルームの使い方

ダンボール

屋内型と屋外型の違い

ハローストレージのトランクルームには、屋内型の「トランクタイプ」と屋外型の「コンテナタイプ」があります。一部例外もありますが、どちらも24時間出し入れ可能です。物を収容できるという点に関しては、大差ありません。ハローストレージが扱っている屋内型と屋外型とでは、使い方に違いがあります。大きな違いは、両者が設置してある場所です。一般的に屋内型のトランクタイプはビルの中にありますから、都心に近い場所にあるようです。屋外型のコンテナタイプの方は、屋外なので道路沿いに面している場所などにあります。利用する場所が都心に近い場合などは、屋内型の方が便利かもしれませんし、屋外型の場合は車で行ける場所に借りて、そこに物を運び入れて利用する場合などに便利でしょう。ハローストレージがレンタルしているコンテナタイプには、2階のあるものがありますが、上のコンテナから物を取る場合は、移動式の階段が用意してあります。また、トランクタイプから物を出し入れする場合には、台車を用意して取り出しやすくしています。トランクルームの中の温度ですが、屋内型の場合は常温で室外との温度差はほとんどありません。空調付きのトランクルームもあります。屋外型の方が気温は上がりますから、外気温プラス3度程度となっています。ハローストレージは、屋外型の補償として最大50万円、屋内型には最大100万円の補償をつけています。補償の範囲内の荷物を預けた方が良いでしょう。

RECOMMEND POST

ダンボール

トランクルームの使い方

ハローストレージはトランクルームを扱っていますが、「トランクタイプ」と「コンテナタイプ」とに分かれています。屋内型と屋外型で、どちらも24時間出し入れ自由となっています。両者の使い方の違いについてご説明します。

倉庫

法人も借りる時代

都心の企業で貸し倉庫を借りるなら埼玉です。身近な場所に大切な書類などを預けて、緊急時にいつでも出し入れができること、防犯防災の体制ができていること、大量に預ければコストが抑えられるなどメリットは大きいのです。